STAFF BLOG

ヘアカラー完全攻略~これを読めばカラーの達人???~

こんにちは、グッドリーフ佐倉店宮崎ですsun

今回はヘアカラーについて書いていこうと思います!



美容室で染めたり、セルフカラーをしたり最近はヘアカラーをしている人が多い印象です。
白髪染めやファッションカラーなど、皆様にとって身近なものだと思いますsign03
ですが自分が染めているそのヘアカラーはどんな仕組みで染まっているのかご存知ですか?
カラーしたいけどダメージが気になる、こんな色に染めたいけどなんて説明すればいいのかわからない等悩んでいる方必見です!!!
美容室で染めてもらう時や自分で染めるときも正しい知識があれば安心できると思いますgood


ヘアカラーといっても、様々な種類があるのでそれぞれの特徴を説明させていただきます。
そのために髪の毛の構造を簡単に書いていきます!!!

髪の毛は、
毛髄質(メデュラ)

毛皮質(コルテックス)

毛小皮(キューティクル)

という三つの層からできています!

この図何かに似てませんか???
そうです海苔巻きです!!!


具→メデュラ

米→コルテックス

のり→キューティクル


というかんじで置き換えられます!!!

この記事ではわかりやすく髪の毛の構造を海苔巻きに例えてヘアカラーそれぞれの染まる場所を書いていきますwink







ヘアダイ(アルカリ性カラー)

染まる場所
コルテックス(お米)

色持ち
一ヶ月~三ヶ月

皆さんがヘアカラーといって真っ先に想像するものがこのヘアダイだと思います!
アルカリ性カラーとも言われています。
薬局などで売ってる市販のカラー剤はほとんどがこのヘアダイです!
髪の毛にもともとある色素を分解しながら色を入れていきます。
綺麗に発色するため色持ちもよく、一ヶ月~三ヶ月はもちます!
しかし髪の毛はもともと弱酸性なので反対のアルカリ性のカラーをすると強いダメージを受けてしまうのと、髪の内部を染めるために表面のキューティクル(のり)部分を一時的にこじ開けるので表面にもダメージが残ります。
そのため、ヘアダイの後はサロンでトリートメントをするなどダメージ対策をするのがお勧めです!!!



メリット
綺麗な色が出る
長持ちする
薬剤のバリエーションが豊富なので、様々な色を楽しめる。

デメリット
ダメージが強い

酸性カラ


染まる場所 キューティクル(海苔)

色持ち
三週間(洗うたび薄くなる)

ヘアマニキュアを代表とした髪の毛の表面を染めるタイプのカラー剤。
染める毛が暗いとあまり発色しません。
そのため、白髪やブリーチなどで色を抜いてある髪の毛と相性がいいです。
そして、表面に付着させるだけなのでダメージがほぼありません!
絵の具やペンキのようにビビットな色も出せるので、奇抜な色が好きな方にもオススメです!

多くの場合頭皮に直接つけないので頭皮の弱い方にオススメですが、髪の毛の根元ぎりぎりまでしか染められません。
肌につくと落ちないのでセルフカラーはほぼ不可能
です、また市販品の一部には染まりやすくするために髪を明るくする成分が入っていたりして、ダメージが強いものがあるため、酸性カラーは美容室で染めることを特におすすめします!
シャンプーするたびに少しずつ色が抜けていき、色によっては汗をかくなどして髪の毛がぬれるだけで、色が落ちることもありますので、白い襟のシャツや白い枕に色がついてしまうことも・・・

少し扱いにくい印象の酸性カラーですが、
酸性カラーの分類でもご自宅で簡単に使えるものもあります!
カラーシャンプーや、カラートリートメントというものがあって、有名なものだとムラサキシャンプーというものです!
かなり濃いムラサキ色なのですが、実際使ってみるとほんの少ししか染まりません!
黄ばんでいる白髪が真っ白になったり、明るいカラーの透明感を出して外人風のブロンドヘアーにする等すごく便利です!


メリット

ダメージがほとんどない
個性的な色がだせる
地肌が荒れない

デメリット
表面に付着させるだけなので色落ちが早い
根元ギリギリまでしか染められない


毛髪着色剤


染まらないで表面に一時的に付着。
洗えば落ちる



カラースプレーや白髪ぼかしマスカラなど洗うと落ちてしまうもの。
白髪の方は生え際の少し気になるところに使ってたりします!
スプレーは学生のころやんちゃな子とかが頭髪検査のたびに使ってましたよね(笑)

メリット
ダメージが全くない
洗えば元に戻る
様々な形状があり使いやすい

デメリット
むらになりやすい
手などが汚れる

以上が代表的なヘアカラーです。
ですが髪の毛を明るくするときに使うブリーチなど仕組みが気になるものがまだあるかと思います
次回の記事で詳しく書いていきたいと思います!

カラーはもちろん、ご自分で染めて痛んでしまった髪の毛のケアもお任せください!
ご予約お待ちしております。





TELtelephone 043ー485ー1050


ネット予約はこちらpc




宮崎
 








過去の記事

全て見る